ニュース&トピックス

卒業式が行われました。

―卒業式が間もなく始まります―

八王子実践中学校では、3月17日(土)に卒業式が行われました。当日は雨にも関わらず、
保護者の皆様にも多数ご列席いただきました。

―式典は粛々と進み…―

国歌、校歌斉唱の後は、卒業証書授与。一人ひとりの名前を読み上げ、卒業証書を手渡して
いきます。表彰や記念品贈呈も行われました。その後は校長告辞、来賓祝辞と続きました。

―在校生送辞、卒業生答辞は感動の渦に巻き込まれ―

送辞では、生徒会長より卒業生へ向けた感謝の言葉が投げかけられました。答辞は、卒業生
代表者が読み上げるのではなく、卒業生一人ひとりが3年間の思いを込めて読み上げました。
思い出のシーンが脳裏をよぎり、涙があふれる生徒もおりましたが、最後まで堂々と読み上げました。

―「仰げば尊し」、「蛍の光」斉唱は教員手作りのスライドで―

3年間の思い出をスライドショーにまとめました。
涙であふれた生徒につられ、教職員や保護者も次第に目頭が熱くなってきました。

―卒業生よりサプライズ!育ててくれた親や恩師に向けた歌のプレゼント―

答辞・送辞だけでは感謝の気持ちを伝えきれないということで、八王子実践中学校では毎年
歌を送りあっています。それに加えて今年は、今まで育ててくれた親や恩師に向けた歌を
サプライズで披露しました。

―卒業生退場―

在校生が花道を作り、手作りの色紙と花を手渡しました。出口では恩師がハイタッチで出迎え、卒業を祝いました。