学校の特色

中学校

Junior High School

グローバル教育

「目標」と「達成感」が、学習意欲を引き出す

人・物・資金・情報が自由に行き来するグローバル社会が広がり、大学入試改革でも英語4技能の重要性が求められています。グローバル社会でのコミュニケーションツールとして英語力は必要不可欠です。本校では、そのきっかけづくりとして英検取得に力を入れています。
また、校内英語コンテストなどを実施し、コミュニケーションのベースとなる語彙力・文法力の向上に重点を置いた指導をおこなっています。英語学習は積み重ねが大切です。年間を通じて生徒たちに目標を持たせることで継続的に学ぶ学習意欲を引き出します。

グローバル教育1
「使う」ことで伸びる 週 7 時間の英語授業

英語はとにかく触れる・使う時間を増やし、英語に慣れることが大切です。本校では中学3 年間、週7 時間の英語授業で英語に触れる環境を多く設けています。5 時間は日本人教員による授業で文法や読解など基礎力の定着を図ります。2 時間はネイティブ教員とのチームティーチングで表現力を伸ばします。

グローバル教育2

異文化への理解を深める海外修学旅行

2020 年度修学旅行より、ニュージーランドに向かいます。生の英語に触れコミュニケーション能力を高めることはもちろん、他国の文化を理解することで、異なる文化や価値観を受け入れ様々な環境に順応する人材を育成します。さらに高校進学後はターム留学や校内留学プログラムも準備されており、高度なグローバル教育に触れる素地をつくります。

グローバル教育3
グローバル教育4